【10年乗り継いで分かった】GDB(鷹目)購入後にかかる年間維持費

お悩み&解決

GDB購入後にかかる年間維持費は結構かかるって聞いたけど本当なの?実際に見積もるとどのくらいかかるの?自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい

こういった疑問にお答えします。

この記事を読めば、年間でどのくらいGDBの維持費がかかるのかがわかります。合わせて維持費を安くする方法も紹介しているので参考にしてみてください。

この記事のテーマ
【10年乗り継いで分かった】GDB(鷹目)購入後にかかる年間維持費

GDBにかかる年間維持費の詳細
維持費を安くする方法

維持費がわかれば、初心者でも料金の目安がわかりますし、GDBの購入に向けてシュミレーションするきっかけにもなります。

実際に私自身ももともと知識がなく、どのくらい費用が掛かるのだろう?と不安に思ったこともありました。ですが、実際に購入した事で費用を把握する事が出来ました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

よくある『整備士や豊富な知識がないとわからないんでしょ?』という事はないので安心してね。

なのでサクっと記事を読んで、自分でも知識として役立てていきましょう。

GDBの年間維持費はこのくらいです!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-05T213222.169-1.png

それでは、まずは簡単に費用を
当てはめていきます。

GDBの年間維持費には

・ガソリン代
・自動車税
・自動車重量税
・自賠責保険
・任意保険
・駐車場代
・消耗品
・車検費用

全部で8つの項目があります。

ガソリン代

ガソリン代はハイオク150円と仮定します。

タンク容量は50Lです。

50L入れると仮定して計算すると、
150×50=7500円。

一回の給油が7500円なので、
4回給油と仮定して30日計算だと30000円

12か月つまり年間とすると…

30000円×12=360000円

ただ、50L給油できると言っても
なかなかぎりぎりで入れる人は少ないですよね?

だいたい25~30Lほどで給油
する方が多いでしょう。

実際はもう少し少なくなるので、
あくまで目安に考えてください。

自動車税

GDBの排気量は1994cⅽですが、
2000㏄に含まれるので

39500円となります。

ただし、2021年現在で13年経過
しているので、

税金が加算され45000円となります。

自動車重量税

自動車重量税は、12か月の場合17100円となります。

24か月の場合は34200円となります。

自賠責保険

自賠責保険は16350円となります。

任意保険

任意保険は年齢によって
変わりますが、

今回は15000円と仮定しましょう。

駐車場代

駐車場代は月10000円と仮定します。

10000円×12か月なので、120000円となります。

消耗品

消耗品代は乗る人によって
変わりますが、

今回は20000円と仮定しましょう。

車検費用

車検にかかる費用は、
・自賠責保険
・自動車重量税
・印紙代

それに費用を合計したものになります。

車検費用は70000円~100000円程となりますね。

年間維持費の総額

合計すると総額で593,450円かかります。
GDBはA~Gまでありますが、
排気量も同じなので費用に差はありません。

GDBにかかる4つの維持費の内訳を詳しく見てみよう!

GDBを実際に所有するとなった場合、
維持費はどのくらいかかるのか?

以下

・ガソリン代
・自動車税
・車検費用
・任意保険

それぞれを詳しく見ていきましょう。

ガソリン代

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-05T221222.093-1.png

GDBを所有するにあたって、
ガソリン代がどのくらい必要なのか?

ある程度の知識を知っておく必要があります。

たとえば、カタログ値でこれくらいだったから
〇〇kmくらいは走るだろう。

そう思って購入したけど、
実際はそうでもなかった…

となる事も多いでしょう。

特に燃費の良さを重視にした自動車に比べると、
こんなにかかるのかと驚く方もいるでしょう。

なので、ある程度理解しておくと
目安となります!

ちなみに、どのくらい燃費がかかるのか気になる方は【GDB₋F/G型は意外と燃費悪い?実際に乗ってみてわかった本当の真実!】を参考にしてみてください。

GDB₋F/G型は意外と燃費悪い?実際に乗ってみてわかった本当の真実!
GDBの実燃費は意外と悪いって聞いたけど本当かどうかわからない。実際にどのくらい走るの?自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしいこういった疑問にお答えします。この記事を読めば、実際にどのくらいの燃費なのかがわ...

ガソリン代をお得にするポイント

ガソリン代をお得にするポイントは、
スタンドのセルフスタンドや

会員カードを有効活用する事です。

特にGDBは見た目の割に燃費が悪く、
少しでも費用を抑えたい。

そう思う方が多いかと思います。

そんな方には会員カードやガソリンカードを
使用するとおすすめです。

たとえば、

楽天カードENEOSや出光で使用する事で+で2~3円割引き
ENEOSカードS・P・Cどのカードを使うかで最大7円割引き

使い方によっては費用を抑えて
お得に乗る事が出来ます!

自動車税

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-05T220807.970-1.png

自動車税は、年に一回の5月頃に送付されます。

納付書で送られてくるので、
コンビニなどで収納します。

その際に期限は一か月ほど先までありますが、
期限が過ぎると追徴金が発生するので

納付書の期日を確認して必ず、
納付期限内に納めます。

また自動車税についてですが、
排気量や車種によって金額が違います。

たとえば以下のものがそうですね!

用途区分 総排気量 税額(自家用) 税額(営業用)
乗用車 1,000cc以下 29,500円 7,500円
1,000cc超1,500cc以下 34,500円 8,500円
1,500cc超2,000cc以下 39,500円 9,500円
2,000cc超2,500cc以下 45,000円 13,800円
2,500cc超3,000cc以下 51,000円 15,700円
3,000cc超3,500cc以下 58,000円 17,900円
3,500cc超4,000cc以下 66,500円 20,500円
4,000cc超4,500cc以下 76,500円 23,600円
4,500cc超6,000cc以下 88,000円 27,200円
6,000cc超 111,000円 40,700円
軽自動車 一律 10,800円 6,900円

GDBは1994㏄なので、1,500cc超2,000cc以下に含まれます。

表を見るとわかる通り、
39500円が当てはまります。

ただ最初にも言った通り、
13年経過しているので

実際は45000円となります。

車検

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-05T221014.632-1.png

車検には新車購入時の新規登録。
中古車購入時の継続登録2種類があります。
・新車購入時車検=3年
・継続車検=2年
車検を受ける場合、この他に点検費用と
法定費用が掛かります。
たとえばGDBに当てはめた場合
法定費用は以下のようになります。
・重量税=34200円
・自賠責保険=16350円
・印紙代=1100円
これにプラスして点検費用が掛かります。
目安として車検費用は
70000円~100000円程となりますが、
点検費用は依頼する業者や車の
故障状態で大きく変わります。

業者に依頼した場合

業者には・カーディーラー・修理工場
などがありますが、
依頼した場合には整備費用が
加算されるので高くなりがちです。
ただし、業者に依頼すれば安くなることもあります。
たとえばニコニコ車検と呼ばれる車検専門の業者。
一見すると高そうと思われがちですが、
比較して見るとその差は一目瞭然です!
通常の車検見積もり
・法定費用
・車検基本料
・追加費用
・料金は高くなりがち
ニコニコ車検の場合
・法定費用
・車検基本料(一律同じ1万円)
・費用が安い
大きく違うところは料金の違いですね。
特に安く済ませたい方にとって、
どのくらい安くできるかは重要ですよね。
以下、ニコニコ車検による料金の目安↓

軽自動車

軽自動車 
N-BOX・ハスラー・ タント 等

エコカー対象車

1.5t以下 プリウス・
アクア等

小型自動車

1.0t以下 ヴィッツ・
マーチ 等

中型自動車

1.5t以下 ノート・
ヴェゼル 等

大型自動車

1.5t超2.0t以下 ハリアー・
クラウン 等

車検
基本料金
すべての国産車が車検基本料
11,000円(税込)
あとは国に収めるお金【法定費用】だけ
法定費用
重量税・印紙代・
自賠責保険
27,830 21,61036,610 38,010 46,210 54,410
車検
費用合計
38,830 32,61047,610 49,010 57,210 65,410
場所によっては数万~数十万も変わってくるわけですから…
料金を見てもお得と言えるのではないでしょうか?
なので、自分ではできないけど車検費用を抑えたい。
そんな方にはニコニコ車検がおすすめです!

ユーザー車検

またユーザー車検でした場合は
すべての工程を自分でやるので、

費用を抑える事が出来ます。

★車検費用を抑えるポイント

車検には業者に依頼。ユーザー車検の
2種類がありますが…

どちらにも言える事は、安くするには
交換部品を定期的に変える事です。

車検の時に費用が高くなる人の多くは、
消耗部品の交換を後回しにする事です。

『高いから後回しにしよう』

『今はお金がないから…』と
こんな感じで後に後にしてしまうと、

車検の際に交換部品がたまってしまいます…

結果、車検費用が普段の倍の
値段になるという仕組みです。

なので、もし少しでも費用を抑えたい場合には、
・交換部品はできるだけ早く交換
・ユーザー車検をする
2つの事を心がける事です!
2つの方法について、【車検はどうやって受ける?意外と知らない2つの選択肢と安く済ませる方法】で詳しくまとめているので合わせて参考にしてみてください。
車検はどうやって受ける?意外と知らない2つの選択肢と安く済ませる方法
車検を受ける方法でお悩みなあなたへ。 当記事では、車の車検を受ける2つの選択肢と安く済ませるための方法について詳しくご紹介しています。これを見れば(読み終わったその瞬間からでも)知識としてだけでなく、実践できるようになりますよ。どうぞ最後までご覧下さい。

任意保険

任意保険は、自賠責保険では補償の効かない
物損事故や、

自賠の補償額が大きく超えた場合に
カバーしてくれる保険です。

任意と言う事で加入は強制
ではありませんが、

車を運転する上で何が起こるかわかりません。

なので、もしもの時のために
加入しておいて損はありません!

GDBの年間維持費についてまとめ

以上GDBの年間維持費について
まとめてきました。
今回の記事を読むとわかる通り、
総額で593,450円かかる事がわかります。
総額はあくまで目安で、
ガソリン代や部品代など。
ちょっとしたものから順に費用を抑えておくと
年間維持費を大きく変える事が出来ます。
これからGDBを購入しようか迷っている方は、
参考程度にぜひ一度目を通してみてください。

GDBの在庫を確認してみる ≫

合わせておすすめ!車の購入に関連する記事

他にも購入に関連する記事を読んでみたい方は、以下を参考にしてみてね。

≫車を購入前に知っておくべき【7つの必要な書類】と購入するまでの流れ

≫車の購入前に知るべき7つのかかる費用と上手にお金をためる貯金のコツ!

≫たった一度しかない人生の中で【車を購入するベストなタイミング】はいつ?

≫【初心者必見】中古車選びで失敗しない6つのポイントとおすすめの方法

≫【頭金なしで車を購入】できると噂のカーリースの仕組みや契約内容は?

≫人気のカーリース5選!初心者も安心の車に乗れるおすすめサイトを紹介

≫車の購入や売却に必要不可欠な【住民票】を自分で発行する方法と手順とは?

≫車の購入や売却に必要な印鑑証明書を発行する手順と必要な枚数はどのくらい?

(Visited 45 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました